スーパーマーケット 省エネ

営業中の省エネカバー

Pocket

資源エネルギー庁によると食品スーパーやコンビニ店舗様の節電アクションとして、「節電対策は、ピーク時間帯(平日9時~20時)における空調、照明、冷凍冷蔵(冷蔵庫、ショーケース等)の電力使用を見直すことが非常に効果的です。

当社は設立以来、営業時間外に活用するナイトカバーのノウハウを活かして、営業中も活用できる新商品を開発致しました。

営業中のカーテン

営業中にもシートをつけることができます。
営業中もシートをつけることで、高い省エネ効果が見込めます。
また、お客様が商品を取り出すときに邪魔にならないように開発しております。

具体的には上下にプラスチック製のブラケット(写真の白い部分)をつけることで、シートがくっついたり、はなれたりすることがないようにしております。取り付け方は大変簡単です。
ブラケットに強力なマグネットをつけておりますので、ショーケースにくっつけるだけです。そのため、従業員による品出しを行う際の取り外しが簡単です。

省エネ効果

営業中にカバーをすることで、冷機の漏れを最大限逃すことが可能。使用電力の削減を行うことで節電効果がある。
クローズドタイプのショーケースに比べて、オープンタイプのショーケースは扉がないので商品が取り出しやすいが、開口部からの熱侵入が大きいといった特徴があり、消費電力量が大きい。エアーカーテンの改良等で省エネ効果は進んでいるが、加えて、営業中にシートカーテンをつけることで、更なる省エネ効果を期待できます。

品質保持効果

ショーケース内の温度を維持することで、商品品質への影響を下げることが可能である。

ホコリ付着防止効果

ショーケース内の食品に目に見えないホコリが落ちてしまう可能性がある。カバーをかけることで、ホコリの付着防止が可能である。

取り付けが簡単

強力なマグネットでショーケースに直接取り付けることができます。ビスなどでの工事が不要ですので、スタッフ様でも簡単に取りはずしできるように設計しております。上下にプラスチック製のブラケット(写真の白い部分)をつけることで、シートがくっついたり、はなれたりすることがないようにしております。

従業員の品出しに邪魔にならない

多くのスーパーマーケット様・コンビエンスストア様・ドラッグストア様は営業中にも品出しの多いかと思います。省エネカーテンはマグネットにて装着をしておりますので、簡単な取り外しができます。商品の品出しの際はカーテンを隣のショーケースにずらすことで品出しの邪魔になりません。

ナイトカバー注文

コスト削減

コスト削減

コスト削減カタログダウンロード

PAGE
TOP